2009年02月02日

IXY DIGITAL500 Whitelimited

現在持っているデジタルカメラの1台です
この記事を書こうと電源を入れたら画像が異常です
故障のようです
IXY DIGITAL500 Whitelimitedは500万画素
そして1万台限定機種といことで購入しました
メモリーがコンパクトフラッシュメモリーということも
選定の決め手でした
どういう訳か、当時は標準のメモリーはコンパクトフラッシュメモリーになるだろうと勝手に思いこんでいました。まさかSDメモリーがこんなに普及するなんて考えてませんでした
水害にあってマニュアル等はなくしたのですが本体は健在です。
購入後3年、修理をするか悩むところです

仕様
カメラ部有効画素数 約500万画素
撮像素子 CCD1/1.8型、総画素数約530万画素
レンズ 焦点距離
(35mmフィルム換算) 7.4(W)-22.2(T)mm [36(W)-108(T)mm]
F値 F2.8(W)-4.9(T)
構成枚数 5群7枚(非球面レンズ2枚)
撮影距離
(レンズ先端より) 通常撮影:46cm〜∞
マクロ撮影:5〜46cm(W)、30〜46cm(T)
マクロ時最大撮影範囲 W端:58×43mm
T端:107×80mm
デジタルズーム 約4.1倍
(光学ズームと合わせて最大約12倍)
AF方式 TTL9点AiAF/中央1点、AFロック可能
光学ファインダー 実像式ズームファインダー
液晶モニター 1.5型低温ポリシリコンTFT液晶カラーモニター(約11.8万画素)(視野率100%)
測光方式 評価測光、中央部重点平均測光、スポット測光(中央固定)
露出制御方式 プログラムAE(AEロック可能)
露出補正 ±2段(1/3段ステップごと)
シャッタースピード 15〜1/2000秒
(1.3秒より長秒時はノイズリダクション処理あり)
連写 高速連写:約2.2画像/秒 連続約14枚
通常連写:約1.5画像/秒 連続約17枚
(ラージ/ファインモード、液晶モニター非表示時)
感度 オート、ISO50/100/200/400相当(オート時はカメラが最適値に自動設定)
ホワイトバランス TTLオート、プリセット(太陽光/くもり/電球/蛍光灯/蛍光灯H)、マニュアル
内蔵ストロボ(撮影距離) 通常撮影時:
46cm〜3.5m(W)/2.0m(T)
マクロ撮影時:30〜46cm
(感度設定:オート時)
撮影モード オート、マニュアル、スティッチアシスト、動画
記録画素数 静止画 ラージ:2592×1944画素
ミドル1:2048×1536画素
ミドル2:1600×1200画素
スモール:640×480画素
動画 640×480画素:最大約30秒 ※1
320×240画素:最大約180秒 ※2
160×120画素:最大約180秒 ※2
静止画圧縮率 スーパーファイン、ファイン、ノーマル
記録枚数
(合計時間)
※3


静止画 <スーパーファイン>
・ラージ:約11枚
・ミドル1:約18枚
・ミドル2:約30枚
・スモール:約120枚
<ファイン>
・ラージ:約21枚
・ミドル1:約33枚
・ミドル2:約54枚
・スモール:約196枚)
<ノーマル>
・ラージ:約43枚
・ミドル1:約67枚
・ミドル2:約108枚
・スモール:約337枚)
動画 640×480画素:約46秒
320×240画素:約91秒
160×120画素:約242秒
記録フォーマット DCF、DPOF(ver1.1)対応
記録ファイルフォーマット 静止画:JPEG(Exif2.2)対応
動画:AVI(画像データ:Motion JPEG、音声:WAVE[モノラル])
記録媒体 コンパクトフラッシュカード(TYPE I)
再生モード シングル再生、インデックス再生、スライドショー、動画再生、拡大再生(最大約10倍)、音声メモ(最長約60秒)
ダイレクトプリント PictBridge対応、CPダイレクト/Bubble Jetダイレクト対応
インターフェース USB(mini-B)、映像/音声出力端子(NTSCまたはPAL切替可能、モノラル音声)
電源 専用充電式リチウムイオン電池(NB-1LH[同梱])、ACアダプターキット(ACK500[別売])
撮影可能枚数 ※4 電源モニターON:約190枚
電源モニターOFF:約440枚
再生可能時間 ※5 約140分
大きさ(幅・高さ・奥行き) 87.0(幅)×57.0(高さ)×27.8(奥行き)mm(突起部を除く)
質量 約185g(本体のみ)
posted by 風 at 22:25 | デジタルカメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。