2009年02月07日

仕様を見る 1

デジタルカメラを購入したとき何を購入決定の基準にしたかを性能仕様を見ながら考えてみたい。カカクコムで満足度1位のPENTAX K-m ダブルズームキットで考えてみたい。カカクコムの順位ではレンズ2本セットが1位だった。売れ筋1位のEOS 5D Mark IIは2110万画素。やはり有効画素数と人気、価格は比例するようだ。EOS 5D Mark IIは20万円超。PENTAXK-mは5万円台。EOS5DMarakUは無理だ。書きながら価格帯でしぼることも大事のようだ。価格と機能はある程度比例する。現在所有しているコンパクトデジタルカメラの画素数が810万と500万だからそれ以下はまずないだろう。下限は5万円台で上限は10万円程度が適当かなあと思われる。

今日の結論 予定価格帯を決める
      5万円〜10万円
かなりおおざっぱだが、買える価格帯としておこう。ただし、10万円はメモリー等の周辺商品も含めてのものに決定する。

まず、有効画素数。多ければいいと思うのだが本当なんだろうか?PENTAX K-mは、1020万画素。充分だと思うのだが。


PENTAX K-mの性能仕様
有効画素数 約1020万画素
撮像素子 23.5×15.7mmサイズ CCD、総画素数約1075万画素
記録サイズ(画素数) JPEG 10M:3872×2592ピクセル、6M:3008×2000ピクセル、2M:1824×1216ピクセル
RAW(10M):3872×2592ピクセル
画像ファイル形式 JPEG(Exif2.21)準拠、DCF2.0準拠、RAW(独自)
画質 RAWモード(12ビット):PEF、DNG
JPEG:★★★(S.ファイン)、★★(ファイン)、★(エコノミー)
感度 AUTO/ISO100〜3200(標準出力感度)
※バルブ時は1600まで (1EVステップ、1/2EVステップまたは1/3EVステップ)
記録媒体 SDメモリーカード、SDHCメモリーカード
ホワイトバランス オート、太陽光、日陰、曇天、蛍光灯(D:昼光色、N:昼白色、 W:白色)、白熱灯、ストロボ、マニュアル ※微調整可能
ファインダー ペンタミラーファインダー
フォーカシングスクリーン ナチュラルブライトマット II フォーカシングスクリーン
視野率、倍率 約96%、約0.85倍(50mmF1.4レンズ、∞、−1m−1)
視度調節機能 約−2.5〜+1.5m−1
画像モニター 2.7型TFTカラーLCD、広視野角タイプ、明るさ調整機能付
ドット数 約23万ドット
プレビュー方式 デジタルプレビュー
再生機能 1画像、4画面、9画面、16画面、拡大(最大16倍まで、スクロール可)、回転表示、フォルダ表示、カレンダー表示、スライドショー、 ヒストグラム、白飛び黒つぶれ警告表示、リサイズ、トリミング、インデックス
デジタルフィルタ トイカメラ、ハイコントラスト、ソフト、クロス、レトロ、色抽出
再生時のみ:イラスト(パステル画、水彩画)、HDR、白黒、セピア、 カラー、スリム、明るさ、カスタム
オート
フォーカス
フォーカス方式 TTL位相差検出式(SAFOX)5点測距
フォーカス
モード オートAF(AF.A)、シングルAF(AF.S)、コンティニュアスAF(AF.C)
※オートピクチャーモード時はAF.A、「動体」「キッズ」「ペット」 「ステージライト」「ナイトスナップ」選択時はコンティニュアスAFに固定、他のモード時はシングルAFに固定
測距点切替 ワイド/スポット切り替え可能
AF補助光 内蔵ストロボマルチ発光による
手ぶれ補正
機能 方式 撮像素子シフト方式
有効補正範囲 最大約4EV ※レンズの種類や撮影条件によって異なります
ダストリムーバル 撮像素子駆動およびSPコーティング、ダストアラート機能付き
露出制御
測光方式 TTL開放16分割測光、中央重点測光、スポット測光
露出範囲 EV0〜21(感度:ISO100、50mmF1.4レンズ)
露出補正 ±2EV(1/2EVステップ)/±2EV(1/3EVステップ)
AEロック 可能
露出モード オートピクチャーモード、プログラム自動露出、 感度優先自動露出、シャッター速度優先自動露出、 絞り優先自動露出、マニュアル露出、バルブ
ピクチャー
モード 人物、風景、マクロ、動体、夜景人物、ストロボオフ
シーンモード 夜景、サーフ&スノー、料理、夕景、キッズ、ペット、キャンドルライト、美術館、ステージライト、ナイトスナップ
シャッター 電子制御式縦走りフォーカルプレーンシャッター
シャッター
スピード オート:1/4000秒〜30秒(無段階)
マニュアル:1/4000秒〜30秒(1/3EVステップ/1/2EVステップ)
バルブ
ドライブモード 1コマ、連続(Hi、Lo)、セルフタイマー(12秒後、2秒後)、 リモコン(即、3秒後)、オートブラケット
連続撮影 最高約3.5コマ/秒、JPEG(10M:★★★:連続Hi):5コマまで、 RAW:4コマまで
約1.1コマ/秒、JPEG(10M:★★★:連続Lo):カード空き容量 いっぱいまで、RAW:7コマまで
内蔵ストロボ オートポップアップ機能付きP-TTLストロボ
ガイドナンバー 約11(ISO100・m)
照射角 35ミリ判換算で焦点距離28mmレンズの画角をカバー
ストロボ
シンクロ 接点 ホットシュー、同調速度1/180秒以下
記録フォルダ 標準/日付
電源 単3形電池4本(リチウム電池、ニッケル水素充電池、アルカリ電池)
ACアダプター(別売)
電池寿命 ストロボ発光無し:約1650枚、ストロボ50%発光:約1000枚
※新品のリチウム電池使用、23℃、撮影枚数はCIPA規格に準じた測定条件による目安ですが、使用条件により変わります。
外部インターフェース USB/ビデオ端子(USB 2.0、ハイスピード対応)
マウント ペンタックスバヨネットKAF2マウント(AFカプラー・情報接点・電源接点付)
適合レンズ KAF3マウントレンズ、KAF2マウントレンズ(パワーズーム非対応)、 KAFマウントレンズ、KAマウントレンズ
外形・寸法 約122.5(幅)×91.5(高)×67.5(厚)mm(突起部を除く)
質量(重さ) 約525g(本体のみ)、約590g(単3形リチウム電池4本、SDカード込み)約625g(単3形アルカリ電池4本、SDカード込み)
posted by 風 at 23:34 | デジタル一眼レフカメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。